野菜 疑問

有機野菜と無農薬野菜の違い

化学肥料も農薬も使わないという基本的な考え方においては、「有機」も「無農薬」も同じ。

 

ではどこが違うの?というと、「有機農産物の日本農林規格」、いわゆる「有機JAS規格」に合致していると認証されたものが「有機」で、それ以外が「無農薬」とかんがえればよいだろう。

 

覚えている人も多いと思うけれど、平成12年に「有機JAS規格」が制定されるまでは、農薬や化学肥料を使っているにもかかわらず、勇気や無農薬を名乗る農産物が氾濫。
イメージだけで「有機〇〇」と商品名に付けても罰則はなかったからだ。

 

つまり「有機JAS規格」は、消費者が安心して買い物できるだけでなく、真面目に生産に取り組む農家などを守るために生まれた規格でもあるのだ。

 

と、まぁ本当は消費者も生産者もハッピーになるはずの規格だったのだけれど、そうは世の中、簡単にはいかない。
なぜなら「有機」を名乗るには基準をクリアするのはもちろん、認定機関によって認証を受けなければならないからだ。

 

「だったら農家はみんな認証を受ければいいじゃない」と思うかもしれないけれど、そう話は単純ではない。

 

 

認証を得る手間と費用

 

認証を得るには過去2年間と現在、有機JAS規定に適った方法で農産物を作っていることが条件となる。
その上で農家は第三者認証機関に申請を出し検査を受けるのだが、基準を満たしていることを証明する為に、内部規定やマニュアルを整備し、毎日細かな作業日誌をつけ、畑や田んぼや資材の資料、さらには膨大な認証申請書類をそろえなければならない。

 

となると、米だけ、芋だけといった少品種栽培の大規模農家はまだしも、少量多品種栽培をするケースが多い、従来から有機や無農薬栽培に取り組んできた農家にとっては申請自体が大きな負担になる。
また、認証の費用も、その後の年次調査の作業量も馬鹿にならない。
しかも従来からの農家にとって、現在の有機の基準は解せない部分も多いという。

 

最も多い意見は、「安全」や「美味しさ」とは関係のない書類審査ばかりが大変で、重要な土作りに関してはたった2、3年で「有機」と名乗れること。
しかも有機JASの規定では、堆肥での土作りが基本とされているが、使っていい肥料や土壌改良資材、農薬が別に指定されている。
天然物質由来のものばかりだが、実は天然に存在する無機物で化学肥料と成分が同じものが含まれていたりもする。

 

有機農業団体の草分け的存在である「日本有機農業研究会」の理事によれば、

 

「有機マークを必要とするのは市場に出荷したい生産者。
つまり、箱やパッケージに”有機”と書いて店頭に並べ、不特定多数にアピールしたい場合です。
消費者との信頼関係を築いて、直接野菜を届けている私たちのような生産者には、マークがなくても問題ないと思います」

 

 

名称に無農薬は不可

 

現在、名称として「無農薬キャベツ」とか「無農薬みかん」と「無農薬」を表示するのは不可。
かつてよく見かけた「減農薬」「減化学肥料」も許されていない。
本当は有機認証を得ていない農家も有機を名乗れ、無農薬栽培の農家は無農薬を名乗れるのが理想的なのだが…。

 

ただし、規制されるのはあくまで「名称の表示」。
第三者認証機関でもある「日本有機農業生産団体中央会」の話では、ウェブやパンフレット、冊子などの文中で有機だと説明したり、農薬を使っていないなどの「事実」を語るのはOK。
このあたりも話をややこしくしている。

 

有機農産物が全農産物に占める割合は、毎年少しずつ増えてはいるものの、わずか0.16%。
消費者にとっても農家にとっても、今必要なのは「有機」を名乗らない隠れ有機農家などからも支持されるような、有機JASの再定義と柔軟性をもった運用なのではないだろうか。